賃貸住宅でも使える突っ張り棒の設置

突っ張り棒はインテリアとしてもおしゃれに映えますし、利便性も高いのでぜひ以下の記事を読んでご興味が湧いた方はぜひご検討ください。
宣伝ではなく簡単にご自身で取り付ける事ができるのでホームセンターなどで購入してDIYで済んじゃいます。
しっかり固定させていのであればオートポールという選択肢もありますが、こちらは1本2万円程度と少しお高めです。
あまり多くの物を掛けるのではなく、安価で強度はそこそこでもおしゃれな新商品が発売されていたのでぜひご紹介させて頂きます。

突っ張り棒「DRAW A LINE」

日本の突っ張り棒のトップメーカーである平安伸銅工業とクリエイティブ産業のTENTのコラボにより誕生したDRAW A LINE

DRAW A LINE

単なる便利グッズではなく、「暮らしを充実させる一本の線」として定義したことから命名されました。
そもそも突っ張り棒はクローゼットやデッドスペースを有効活用するために見せない収納として使用されてきました。
それをあえて見せる事により白と黒のスチールに長さを固定するハブの部分は真鍮にして調和を保っています。
価格も3,500円~5,500円と非常にリーズナブルなのがうれしいですね。

豊富なオプションで楽しめる

DRAW A LINEには専用のオプションがあり、単なる便利な突っ張り棒というよりインテリアとしても活用できます。
インテリア突っ張り棒突っ張り棒は縦型と横型の2種類あります。それぞれハンガーやランプなど使用目的に応じて選択してください。
カスタマイズは無数に存在するのでテーブルを掛けて植物を置いたりすることもできます。

横型の突っ張り棒

照明を取り付ければスタイリッシュなスタンドライトに変身。

ランプの突っ張り棒

 

関連記事

  1. セリアの食器
  2. 新型コロナウイルス対策
  3. 季節の花
  4. 陽光差す寝室
  5. トイレ掃除を簡単に

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP