消費増税のお話

消費税8%でリフォームできるのは2019年9月30日まで!

マイホームの購入はもちろん、住宅リフォームも含め、人生で最も高い買い物と言われるのは伊達ではなく、一生をかけて実現する夢と言っても決して過言ではありません。

なので「マイホーム購入」「住宅リフォーム」は大きな買い物ですから、頭を悩ませる問題は後を絶ちません。特に現在気掛かりになるのが、今年8%から10%へ上がる消費税増税の問題ではないでしょうか。

ちなみに、今年2019年の10月から消費税が10%に増税される見通しです。

元の金額が大きい分、たった1%の違いであっても大きな差を生み出します。今まさに新築の購入や建替えを検討している人にとって、消費税増税が住宅の購入にどのように影響するのか、なかなか頭の痛い問題でしょう。

税率は、工事完了(引き渡し)時点になるので、2019年9月30日までに工事が完了した場合は8%、10月1日以降に工事が完了した場合は10%になります。契約日ではなく9月30日までに工事を終える必要があります。

住まい給付金-消費税率引上げによる緩和制度

ただ、10%になるに伴い、いくつか優遇される項目も発表されました。
1、住宅ローン控除の期間が+3年になります。
2、すまい給付金がMAX50万円に!
3、住宅エコポイントの復活!

住まい給付金-消費税率8%時は収入額の目安が510万円以下の方を対象に最大30万円、10%時は収入額の目安が775万円以下の方を対象に最大50万円を給付するものです。

と、言われても聞きなれない言葉など多く、なかなか想像つきにくいかもしれません。なので詳しくは是非お気軽に、お問い合わせいただけると幸いです。

その他にも、増税とは関係はないのですが給付金に関連して、ご両親の介護を目的にリフォームする方は「高齢者住宅改修費用助成制度」などご検討いただく場合もございます。

要支援1〜2、要介護1〜5と認定された方が住む住宅で、手すりの取り付け、段差の解消、引き戸等の扉の取り替えなどのリフォーム費用のうち、20万円までについてその9割(18万円)を補助する制度が「高齢者住宅改修費用助成制度」です。

この様に、制度が変わることによって、受けられる給付金が増えたりしますので、詳しくは担当スタッフへお問い合わせいただけると幸いです。

関連記事

  1. トイレ掃除を簡単に
  2. お掃除ローラーを使って手軽に網戸をきれいにします
  3. DIYの材料
  4. 朝食
  5. 鶴屋吉信の生菓子
  6. ジューンブライドの季節の花

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP