4月の和菓子

鶴屋吉信の生菓子

鶴屋吉信で買った最新作の和菓子。

いつもながら芸術的で食べるのがもったいなく思います。

季節の生菓子

「陽春譜」 桜の花びらが立体的で美しい。

安定の、大谷哲也さんのプレート。

マットな白は、和菓子を美しく見せてくれます。

大谷哲也さんのプレート

春らしい色合いを3種類、一つのプレートで。

 

左から胡蝶、吉野の春、春麗。

生菓子は、名前も美しくて風情がありますね。

 

こちらは菅沼淳一さんのプレート。

隅切りのこの形、特別感があって好きです。

 

美しく華やかな春麗、こんな渋いプレートでもいいですよね。

 

こちらは村上躍さんのプレート。

 

みたことのある生菓子だなーと以前の写真を探してみたら、

2013年の写真がありました。

やっぱり村上躍さんのプレートと合わせてる

 

菅沼淳一さんのプレート

今回一番の好みが、この「三色菫」。

なんとも控えめな可愛らしさが、菫らしいなー。

でもその良さを引き出せず、うまく撮れずに、お昼休みは終了。

 

また来年の課題にします。

この可愛らしさ、らいねんの私がうまく撮れるといいな。

三色菫

関連記事

  1. DIYの材料
  2. 新幹線はやぶさ
  3. トイレ掃除を簡単に
  4. お掃除ローラーを使って手軽に網戸をきれいにします
  5. ジューンブライドの季節の花

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP