高品質デザインのリフォームを実現するならプロのデザイナーに

最近インターネットや雑誌などで露出度が多くなっている「デザインリフォーム」というキーワード。間取りの改築や壁のリフォーム。あらゆる住宅設備の交換など一般的なリフォームとは違ってデザインを重視したリフォームを意味します。
もちろん機能性や快適性は同時に重要視しますが、個性的な空間を創造するデザインリフォームは「リフォームデザイナー」と称する専門家が担当します。年々需要が増えているファッショナブルなお部屋づくり。よりおしゃれな空間を演出したいというご要望に応えるためデザインリフォームに関する記事なのでご興味がおありの方はぜひご一読下さい。

リフォーム工事を依頼する場合、工務店とデザイナーとの違い

おしゃれなリビングルーム

リフォームプランのご提案や施工などを請け負う業種は幾つかあります。主として新築とリフォームを対応する工務店やリフォームに特化した会社、設計事務所などがあります。デザインリフォームとはデザイン力を売りにしているリフォームなので、建築やインテリアに精通したデザイナーが在籍している会社か設計事務所に依頼するのが一般的です。
近年ではデザイナーと職名を名乗るデザイン力とプランニングの高い職員がいる工務店も増えているので、デザインリフォームが一概に設計事務所でしかできないわけではありません。しかし基本的に工務店が施工まで行うのに対して、設計事務所は設計により特化した会社なので建築やインテリアのデザインに関する経験や知識はより高度なスキルを兼ね揃えていると思われます。しかしながらデザインとは担当のセンスに依る、曖昧な価値観でもあるので実績や提案されたプランニングを基にご判断する事が肝要です。
弊社職員はデザインの履修を行い、また時代と共にトレンドが変わるので定期的に学習する機会を設けております。関連会社の横浜総合設計株式会社とも連携を取ってご対応する事も可能ですのでご関心がおありの方はお気軽にお問い合わせください。

デザイナーにリフォームを依頼するメリットとデメリット

毎日過ごす住環境にお金を出してリフォームを行うので、センスのいい空間に創ってもらいたいというお考えはどなたでもあると思います。わざわざ専任のデザイナーに依頼する場合のメリットとデメリットを考察してみました。

メリットとデメリット

メリット

デザイナーにリフォームを依頼するメリットは第一義的にデザイン性の高い空間を期待できるという事です。内観や住宅設備もカタログから選ぶだけだとどのリフォーム業者でも工事だけならできます。
しかし特別なデザインリフォームの場合、施工主様のご希望を伺って国内メーカーだけではなく、販路を拡大して海外の有名メーカーまで膨大な選択肢の中から浴槽やキッチンなどの商品はもちろん、家財、壁紙、照明器具まで取りそろえる事ができます。商品知識やカラーコーディネイトができるので色味のバランスからリラックスできる空間を演出など個々のニーズを的確にくみ取ったリフォームに完成させます。

デメリット

デザイナーにリフォームを依頼すると、様々な提案を出されると思いますが、理想に近づけるあまり「よりいいものを」「よりかっこよく」「個性的に演出して」などアーティスティックなプランニングになりがちである事も否定できません。それに伴い予算が増える事もしばしばです。例えば浴槽にあわせた壁やタイルひとつとっても海外から取り寄せたり工法を変える必要があって工費がかさんでしまう事もあります。
またおしゃれで個性的に走る事が逆に斬新過ぎて落ち着きのない空間になってしまうケースも考えられます。なのでお客様が理想とする空間演出をくみ取りあくまでお客様が主役となるようなリフォームにしなければなりません。

リフォームをデザイナーに依頼するポイント

デザイナーに依頼し、提案された間取りに目を引いたとしても長年住むには飽きが来ないデザイン化をまず第一に考えましょう。斬新なデザインや流行に沿ったデザインだと時代に合わなくなり年月が経つと古く感じでしまします。デザインの基本はシンプルである事です。意外な事ですがこれが最も肝要で、要所で目立つポイントを数点存在させることができるかがデザイナーのセンスにかかってきます。
例えば弊社が得意とする開放的なデザインですが、視線が通り過ぎて落ち着かないという事がないように家の外から設計し空間全体に視線がこないよう組み立てます。人気のホテルライクな洗面室だと見栄えにこだわるあまり毎日使う物なのでお手入れに手間がかからない、光の当て具合も考慮して暮らしやすさをしっかり検討してプランニングしていくことが大切です。

キッチンの木目調空間

いまある空間を活かせるか

新築とは違ってリフォームはいまある空間と直す空間とのバランスを調整する事がとても重要です。リフォームするところがおしゃれでも既存の空間とのギャップがありすぎて全体のバランスが崩されてしまっては元も子もありません。質の高いデザイナーは既存の空間を上手に活かしながらリフォームする箇所と融合させて総合的にプランニングをします。提案をされて納得のいかないところや不明なところは徹底的に話し合うようにしましょう。

予算内に収める

間取りから商材など細部までこだわるデザインリフォームの場合、どうしても取り扱う商品が高額になりがちです。本当にこだわる方はオーダーメイドでの発注をされる方もいらっしゃいます。その点を考慮してもご予算と提案プラントの予算がかけ離れてしまうようなら東京環境技術では再度計画を練り直します。
リフォームを契約する時点で納得できても今度長い年月その空間で生活をすることになります。「この部分は譲れないけど、妥協して希望を削る」など先々の事も考えて予算を削減し、断念した計画でも手直ししてご希望により近い提案をしていきたいと考えております。
デザイナーが担当するデザインリフォームは一般的なリフォームとは一味違ったおうちづくりができる事も事実です。ここまで記した事をご参考に打ち合わせをご納得いくまで重ねながら共に最高の空間演出を創造しましょう。

オフィスデザイン事業

最近の記事

  1. 住宅エコポイント制度
  2. 陽光差す寝室
  3. 新型コロナウイルス対策

カテゴリー

PAGE TOP